使い勝手抜群!クランクベイトの基本アクションと使い方

バス釣りにおいてクランクベイトは、数あるハードルアーの中でも使い勝手の良い事で有名だ。

特に難しいアクションを必要とせず、基本ただ巻きするだけで狙いたい深さに潜ってバスを誘ってくれる。

表層からボトムまで幅広く効率的に探れるので、バスフィシングに行く際は是非とも持っておきたいルアーだ。

しかしクランクベイトと一言にいっても、実はいくつか種類があるんだ。

まずは、その種類について見てみよう。

 

クランクベイトの種類

%e3%82%af%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%af%e7%a8%ae%e9%a1%9e

クランクベイトは、先端に付いているリップの長さによって探れる深さが変わってくる。

今回は大きく分けて

「シャロークランク」

「ミッドクランク(ミドルランナー)」

「ディープクランク」

の3種類としよう。

①シャロークランク

%e5%86%99%e7%9c%9f

シャロークランクはリップの長さが短く、約水深1.5mくらいまで探る事ができる。

水深の浅い場所や、バスが水面近くまで出ている時に有効だ。

オカッパリでやるならぜひ持っておきたい。

③ミッドクランク(ミドルランナー)

%e5%86%99%e7%9c%9f

「シャロークランク」と「ディープクランク」の中間を泳ぐルアーだ。

探れるのはだいたい水深約1.5m〜3mくらい。

リップがある程度長いので根掛かりもしにくいぞ。

③ディープクランク

%e5%86%99%e7%9c%9f

基本的に約3〜4m以上潜れるものをいう。

巻けば巻くほど深く潜るので、深いところを探りたい時はある程度の遠投が必要になってくる。

底に沈んでいる障害物にコツコツ当てたりもできちゃう。

3種類持っておけばどんな深さにも対応できるぞ!

クランクベイトの特徴

クランクベイトは何と言っても「根掛かりしにくい」のが良いところだな。

クランクベイトには大きなリップが付いているだろう?

このリップが障害物除けとしても役に立ってくれるのだ。

%e3%82%af%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%af%e3%83%98%e3%82%99%e3%82%a4%e3%83%88%e3%81%8b%e3%82%8f%e3%81%99

しかもクランクベイトには浮力があるので、動きを止めてあげればその浮力のおかげでちょっとした根掛かりが解消する時があるぞ。

ま、過信は禁物だがな。

どんな時に使えばいい?

クランクベイトは様々な場所で使えるが、やはりその「根掛かりしにくい」という特徴を生かして、障害物がある場所を積極的に攻めてみよう。

そして、いろんな場所やボトムを素早く探りたい時だ。

テキサスリグやラバージグでも底を探ることは可能だが、クランクベイトは一投にかける時間が短いので、短時間でたくさんキャストすることができる。

つまり、他のリグより広い範囲にわたって素早く底を探ることができるんだ。

 

クランクベイトの基本アクション

クランクベイトのアクションは

「ただ巻き」と「ストップ&ゴー」

がメインとなる。

早速それぞれのやり方を見ていこう。

1.ただ巻き

%e3%82%af%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%af%e3%81%9f%e3%81%9f%e3%82%99%e5%b7%bb%e3%81%8d

ポイントは「一定の速さ」を維持しながらリールを巻くことだ。

この速さというのは「クランクベイトを巻いた時、ロッドで振動を感じられる一番遅いスピード」が基本となる。

 

また、リップの長いディープクランクの場合はリールを巻くと底の方に潜っていき、リップが底にコツコツっと当たりながら泳いでくれる。

この「リップを底にコツコツ当てながら泳がせる」ことを意識させよう。これを「ボトムノック」という。

リップが底や障害物に当たる事によって、ただ巻いてるだけでも自然にアクションしてくれるんだぞ。

2.ストップ&ゴー

%e3%82%af%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%af%e3%83%98%e3%82%99%e3%82%a4%e3%83%88%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%83%e3%83%95%e3%82%9a

つまりは、巻いて止める、巻いて止める、を繰り返すやり方だ。

リップを底にゴツゴツっとさせて止める、また巻いてゴツゴツっとさせて止める、という感じだな。

クランクベイトの場合は、この動きを止めてふわーっと浮かばせた時に食いつく時が多い。

一定のリズムで繰り返すのも良いし、大きな障害物にゴツン!と当たった感触があったら止めてみるのも良いだろう。

☆狙いたいポイントの少し奥を狙うのだぞ

%e3%82%af%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%af

例えば「あの杭を狙いたい!」と思ったら、その杭より奥に着水させて巻き始めよう。

そうすると、巻きながら潜っていったクランクベイトが丁度よく杭を通過してくれるぞ。

杭の真上に着水させてしまうと、クランクベイトが潜っていった時にはその杭をとっくに通過してしまうからな。

おわりに

というわけで今回は、クランクベイトの基本アクションと使い方などについてご紹介させていただいた。

非常に万能なルアーなのでぜひ参考にしていただき、クランクベイトを大活躍させて欲しい。

・オカッパリでバス釣りをするとき

・素早く底を探りたいとき

・いろんな深さを攻めたいとき

などにぜひ使っていただきたい。

それでは健闘を祈る!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です