初心者でも釣れる!バイブレーションの基本アクションと使い方

今回はバス釣り界の人気者、バイブレーションのアクションや使い方、種類などについてご紹介させていただこう。

バイブレーションは「振動」を意味しており、その名の通りブルブル振るえながら泳いでくれる優れものだ。

しかも見た目がかなり「魚っぽい」から、初心者の目からしてもいかにも釣れそうな印象を受ける。

実際にかなり釣れるルアーなので、バス釣りに行く際にはぜひ持っておきたい。

バイブレーションの種類

実はバイブレーションにも種類がいくつかある。

大きく分けて、

「シンキング」タイプ

「フローティング」タイプ

「サスペンド」タイプ

の3種類だ。

それぞれの特徴を使いこなせば、おのずと釣果は上がってくる。ぜひ覚えておこう。

1.シンキングタイプ

%e3%83%8f%e3%82%99%e3%82%a4%e3%83%95%e3%82%99%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3%ef%bc%91

これは水より比重が重く、リールを巻くのをやめると沈んでいくタイプ。

バイブレーションはこのシンキングタイプが一番基本となる。

重量があるので遠投もできたり、深場も攻めることができる。

2.フローティングタイプ

%e3%83%8f%e3%82%99%e3%82%a4%e3%83%95%e3%82%99%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3%ef%bc%93

動きを止めると浮き上がってくるタイプ。

浅場を狙うのに向いており、あまり深く行かないので根掛かりしにくいのもポイントだぞ。

3.サスペンドタイプ

%e3%83%8f%e3%82%99%e3%82%a4%e3%83%95%e3%82%99%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3%ef%bc%95

動きを止めると水中で停止するタイプ。

ゆっくり巻いても浮き上がらず、沈まず、一定の深さをキープしやすいのがポイントだ。

水草の上を安定して泳がせたい!などという時に活躍する。

バイブレーションの基本アクション

バイブレーションのアクションは基本的に、

「ただ巻き」

「リフト&フォール」

の2つがある。

1.ただ巻き

%e3%83%8f%e3%82%99%e3%82%a4%e3%83%95%e3%82%99%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3%ef%bc%96

もっとも基本的な釣り方にして、バイブレーションで一番釣れる方法だ。

ただ巻いているだけでブリブリアクションしてくれるし、ラトルが入っているものならジャラジャラと音でアピールもしてくれる。

遠くに投げひたすら巻く。これがバイブレーションの最も王道な釣り方と言えるだろう。

「巻く速さ」と「今どのくらいの水深にいるか」を常に意識しよう。

2.リフト&フォール

%e3%83%8f%e3%82%99%e3%82%a4%e3%83%95%e3%82%99%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3%ef%bc%94

つまり「上げて落とす」ということだ。

基本的にフォールしている時に食いつく場合が多いのでしっかし集中しよう。

この時、底に着けすぎてしまうと根掛かりの確率が高くなってしまうので注意するのだぞ。

まずはとにかく投げて巻くべし

fc26d6003968d8f79f9f14449751e4f6_s

バイブレーションの基本は、とにかく投げて巻くことだ。

バス釣りにおいてキャスト回数が多いほど釣れる確率は上がる、というのは当然のこと。

特にバイブレーションに関しては「一つのポイントをじっくり」というのではなく、

バスないそうな場所にとにかく投げて、いなかったら次、いなかった次、と広い範囲を探っていこう。

いなければ喰わないし、いれば喰う。それだけだ。

どんな時に使えばいい?

バイブレーションはある程度重さがあるので遠くに飛ばしやすい。

しかも基本はただ巻くだけなので、幅広いエリアを素早く探りたい時にはもってこいのルアーだ。

ただ根がかりが少ししやすいので、障害物が気になる時はスピナーベイトにする、などと上手く使い分けよう。

初心者にバイブレーションをオススメする理由

ズバリ、「キャスト回数が多くなる」からだ。

バスフィッシング上達において、「狙ったところに正確にキャストする」というのは必要不可欠なスキルだ。

それが出来るだけでバスが釣れる確率は飛躍的に上がる。

一方、バイブレーションというのは下手なアクションはいらず、基本「投げて巻く」の繰り返しだ。

そのため一投一投にかかる時間が少ない。結果、他のルアーなどと比べてキャスト回数が自然と多くなるんだ。

つまり、バイブレーションで釣りをすればキャスト回数が多くなり、それだけキャストの上達が早くなるというわけだ。

%e3%83%8f%e3%82%99%e3%82%a4%e3%83%95%e3%82%99%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3%ef%bc%97

しかもキャスト回数が多いということは、その分釣れる確率も上がるということになる。

「下手な鉄砲も数打ちゃ当たる」ならぬ「下手なキャストも数投げりゃ釣れる」だ。

バス釣りを始めたばかりの初心者諸君はとにかく投げまくれ。

まとめ

というわけで今回は、バイブレーションの基本アクションと使い方などをご紹介させていただいた。

バイブレーションはその「種類」や「重さ」、「巻く速さ」を上手に使う事によって浅場から深場まで狙える万能なルアーだ。

特に最初のうちはかなり使用頻度の高くなるルアーなので、ぜひ活躍させていただきたい。

それでは、諸君の釣果を期待しているぞ。

良いバス釣りライフを送ってくれ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です