ジグヘッドワッキーリグのおすすめワームとアクション・使い方

ジグヘッドワッキーとは、ワームの中心にジグヘッドフックをチョイ掛けしたリグのことである。

非常に釣れるので、絶対に覚えておきたいリグの一つだ。

作り方は簡単。

ストレートワームの真ん中にジグヘッドフックをセットするだけだ。

今回はジグヘッドワッキーリグのおすすめワームをはじめ、アクションや使い方などについてもレクチャーしていこう。

ジグヘッドワッキーのおすすめワーム

ジグヘッドワッキーリグで釣れるワームはたくさんあるが、今回はその中でも「特に釣れる」最強ワームを3つに厳選した。

1.ジャッカル『フリックシェイク』

ジグヘッドワッキーリグで釣れるワームにランキングをつけるなら、堂々の第1位である。

「ジグヘッドワッキーといえばフリックシェイク」と覚えておこう。

一見普通のストレートワームだが、実はボディをあえて曲げており、この微妙なカーブのおかげでフォール時にピクピクと振動しバスを誘惑する。

実際に、投げた後フォールさせている時に食う確率が一番高い。

おすすめカラーは『コーラ』『グリーンパンプキンペッパー』だ。

2.ZBC『スワンプクローラー』

古くから愛されている人気のストレートワームだ。

とにかく万能。あらゆるリグに対応できるので持っていてまず損はない。

特にネコリグ、ジグヘッドワッキーリグで使われることが多く、事実メチャ良く釣れる。

3.ゲーリーヤマモト『ヤマセンコー』

こちらも定番であり万能の神ワーム。

ノーシンカーでも良く釣れるが、ジグヘッドワッキーリグにだって対応できるスグレモノ。

とりあえずこの3つは絶対に持ってこう!マジで釣れる。

バスべえ

ジグヘッドワッキーリグの基本アクション

続いてはジグヘッドワッキーリグの基本アクションを見ていこう。

難しいものは何もない。どれも簡単なので安心してほしい。

1.まずはフォールさせる(落とす)だけ

キャストした後、ワームがそこに着くまでロッドを動かさずにフォールさせよう。

実は、このフォールさせている時が一番釣れたりする。

なぜならフォール中にピクピクブルブルとワームが振動し、勝手にバスにアピールしてくれるからだ。

特に『フリックシェイク』は、その微妙なカーブしたボディのおかげで反則級の誘惑をしてくれる。

 

また、ワームが水平に落ちていくため、フォールスピードが比較的遅い。

それはフォールしている時間が長いということであり、つまりバスにアピールできる時間も長いというわけだ。

2.落としたその場所でシェイク

ワームが底につき、10秒ほど放置しても反応が無かったら、ロッドの先をチョイチョイっと動かしてシェイクさせてみよう。

あまり大きなアクションをさせないのがポイントだ。

ピクピクプルプルっと動かす程度にしておこう。

3.底をズル引きさせる

フォールさせてその場でシェイクさせた後も反応がなければ、底をズルズル引いてみよう。

ただのズル引きでも、ジグヘッドワッキーは自然にアクションしてくれるぞ。

4.スイミングもできる

ジグヘッドワッキーリグは底だけでなく、中層も攻めることができる。

ヒュンヒュン!という感じでロッドを動かしながらスイスイ泳がせてみよう。

巻いている途中に急に停止させて、その場でフォールさせるのも有効だ。

どんな場所で使うべきか

とにかくフォールさせている時のアピール力が特徴なので、縦のストラクチャーを攻める時に有効だ。

例えば杭周りや桟橋、橋脚などでは大活躍するぞ。

またボートからストラクチャー(障害物)を狙うのであれば、投げては落とし、投げては落とし、の繰り返しするだけでもかなり釣れる。

ジグヘッドの重さは?

最初の頃は、0.9g〜1.8gくらいを目安に試してみよう。

例えばフリックシェイクなら、5.8インチに1.3〜1.8gの重さがおすすめだ。

水深が深い場所だったり、流れのある場所であればもっと重くしてみよう。

おすすめのフックは、ザップの『インチワッキーiガード』。

ジグヘッドワッキーリグの弱点である「根掛かりのしやすさ」を見事に回避している逸品だ。

健闘を祈る!

というワケで、『ジグヘッドワッキーリグのおすすめワームとアクション・使い方』をご紹介させていただいた。

ジグヘッドワッキーリグは本当に投げて落とすだけで釣れてしまうので、どうしても一匹釣りたい!という時にぜひ使ってほしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です