【バス攻略】アシ周り/アシ際はどうやって狙えばいいの?

今回はバス釣りの定番のストラクチャー「アシ周り」を攻略していこう。

アシには小エビや小魚など、我々の好物がたくさん住んでいることはもちろん、風を遮ったり、夏には日陰になるので絶好の休憩所となるのだ。

釣り場で見かけたらぜひ積極的に狙っていこう。

ちなみにアシ際は根掛かりの確率も高いので、なるべく太めのラインを使うことをオススメするぞ。

アシ際を丁寧に!

%e3%82%a2%e3%82%b7%ef%bc%92

まあ当たり前だな。

しかし当たり前だが、アシ際ギリギリにキャストするのは難しいんだぞ。

力が入りすぎてしまうと、アシの茂みの中に「ファサッ」と入って大事なルアーがサヨウナラだ。

しかし、怖がってキャストすればアシ際に届かず釣れない、ということになる。

まあそれも誰もが通る道だ。しっかりキャストの練習をするのだぞ。

大きな変化のある所は最高だ!

綺麗にアシが並んでいるときもあれば、グッと凹んでいたり、逆に飛び出しているところもある。

そんな変化のあるアシを我々は非常に好む。

%e3%82%a2%e3%82%b7%ef%bc%93

凹んでいるところがあれば、そこにノーシンカーラバージグテキサスリグなどをギリギリにキャストしよう。

一つ一つの凹みを丁寧にだぞ。逆に飛び出しているようであればその先端を狙っていこう。

最初にも言ったが、強引な攻めができるように太めのラインを使うと良いぞ。

「変化のあるところにバスはいる」と常に意識しよう!

スピナーベイトでガーッと!

%e3%82%a2%e3%82%b7%ef%bc%94

並んでいるアシのギリギリを沿うように、平行にスピナーベイトなどを巻いてみるのもいいだろう。

なぜスピナーベイトが良いかというと、バイブレーションなどの他のハードルアーと比べて「ウィードレス効果」が高いからだ。

つまりは、アシや水草がフックに絡まりにくく根掛かりしもしにくい、ということだ。

もちろんバズベイトでも他のトップウォーターでも、バイブレーションでも問題ないが、根掛かりが気になる最初のうちはスピナーベイトをおすすめするぞ。

参考記事:サーチの王様!スピナーベイトの基本アクションと使い方

おすすめのルアーは?

基本何でも大丈夫だが、ノーシンカーリグを丁寧に落として探っていくか、ウィードレス効果の高いスピナーベイト、バズベイトなどが王道だな。

また、ポイントひとつひとつにラバージグやテキサスリグを落とし込んであげるのも良いぞ。

%e3%82%a2%e3%82%b7%e3%83%ab%e3%82%a2%e3%83%bc

特にアシ際はザリガニなどのエビ類も多く生息するので、その時はザリガニ系のワームをセットしてあげるとなお良いだろう。

ちなみに、ザリガニのような甲殻類に似せたルアーを「クロー系ワーム」と呼んだりする。

どんなクロー系ワームが良いか分からない時は、とりあえずO.S.P(オーエスピー)の「ドライブクロー」というワームを使うと良いぞ。

マジで釣れる定番人気ワームだ。

まとめ!

今回は「アシ周り」の攻め方についてご紹介させていただいた。

重要なポイントは、

・ビビらないでアシ際ギリギリにキャストする。

・変化のあるところは特にしっかり探ろう。

・根掛かりのしにくいノーシンカーワームやテキサスリグ、スピナーベイトやラバージグがおすすめ。

・エビなどに似せた「クロー系ワーム」も使ってみよう。

という感じだ。

それでは最後まで読んでいただき感謝する。諸君の釣果を期待しているぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です