リリーパッド/ウィードべッドの攻め方と攻略ポイントまとめ

さて今回はリリーパッド/ウィードべッドの狙い方について攻略していこう。

水草が集まる場所、というのは酸素が豊富な場所。つまり我々のエサとなる小魚やエビなどがよく集まるんだ。

しかも水温の変化がしにくいし、日陰にもなったりする。こんな場所に我々がいないわけがないだろう?

というわけで、釣り場で見かけたら必ず攻めたいポイントなのである。

ぜひ参考にしていただけたら嬉しい!

ウィードベッドの狙い方

54276f5797db1092c4916340a0435a1c_s

ウィードベッドとは、水面近くまで藻や水草などがたくさん集まっている場所のこと。

水草(ウィード)のベッドみたいになっているってことだな。

水草は太陽を浴びて光合成するので、こんな場所には常に酸素が豊富にある。

だから小魚や小エビがよく集まる。つまりは我々の良いエサ場というわけだな。

全部が絶好のポイント!

正直、ウィードベッドは全てがポイントだと言えよう。

その周りから、奥から、水面から深場まで丁寧に探っていこう。

だがしかし!

こんな場所の場合、藻や水草がハリに引っかかったり絡まったりしてうまくルアーがアクションしてくれない。

というわけで、狙うなら水草の集合体と集合体の間が良いだろう。ここをうまく見極めるのだ。

%e3%82%a6%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99%e3%83%98%e3%82%99%e3%83%83%e3%83%88%e3%82%99%ef%bc%92

使用するルアーは、水草などがフックに引っかかりにくいスピナーベイトラバージグテキサスリグなどが好ましい。

わずかな隙間にワームを落とし込んだり、スピナーベイトを泳がせるのだ。

ワームならオフセットフックを使って、ハリ先がワームから飛び出さないようにセットしよう。

また、フックにガードが付いた「ウィードレスフック」なんてものもあるぞ。

 

根掛かりしそうな場所で大活躍してくれるので、ぜひ持っておきたいところだ。

 

リリーパッドの狙い方

ea08e7f518440bbd555cd16ad12d7979_s

スイレンなどの水面に浮いている葉が集まった場所だ。

これらの葉の下は日陰になるし、酸素も豊富、エサとなる小魚もたくさん集まるので我々の最高の住処ってわけだな。

スバリ、バスがいないわけがない。

フロッグの出番だ!

%e5%86%99%e7%9c%9f

さあ、そんなリリーパッドでは「フロッグ」というカエルやネズミに似せたルアーが大活躍する。

フロッグを葉の上にちょこんと乗せて、葉と葉の間をスイーっと泳がしたりしてみよう。

%e3%83%aa%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%8f%e3%82%9a%e3%83%83%e3%83%88%e3%82%99%e3%83%95%e3%83%ad%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%99

またはバズベイトやトップウォーターで水面を引いてくるのもいいな。

間が十分い空いているようであればスピナーベイト、葉と葉の隙間にテキサスリグを落とし込むのも最高だ。

ワームを使う場合はウィードガードのついたフックや、オフセットフックで針先を出さないようにしよう。

またフロッグを使う場合は、葉っぱの上に乗せた後に水にポチャンと落とし、ピョコピョコとアクションさせるのも良い。

リアルな生きたカエルを演出させるのだ!

%e3%83%aa%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%8f%e3%82%9a%e3%83%83%e3%83%88%e3%82%99%e3%83%95%e3%83%ad%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%99%ef%bc%92

おすすめのフロッグは?

フロッグと言っても色々あるが、

『ダイワ/Dフロッグ』

もしくは

『エバーグリーン/ポッパーフロッグ』

をオススメするぞ。

どちらも実際に使ってマジで釣れるし、多くの釣り人に愛されている定番のフロッグだ。

ラインは太めにするんだぞ!

このような水草が集まる場所でバスがヒットした場合、暴れ回って葉の根などが絡んだりすることが多い。

そこを強引に引っこ抜くわけだから、細いラインだと切れてしまう可能性が高いぞ。

ラインが切れるということはルアーを失うだけでなく、バスの生命に関わるからな。

できれば16lb以上のラインを使って、水草と一緒にぶっこ抜いてやろう。

%e3%83%aa%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%8f%e3%82%9a%e3%83%83%e3%83%88%e3%82%99%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%b3

また、もちろんここでもスピナーベイトやラバージグ、テキサスリグが活躍する。

葉と葉の間を泳がせたり、隙間に落とし込んだりしてあげよう。

表層はフロッグ、深層はテキサスリグ、と上手く使い分けるのだ!

まとめ

というわけで今回は「リリーパッド/ウィードべッド」の攻め方と攻略ポイントについてご紹介させていただいた。

ポイントをまとめると

・全部がポイントなので満遍なく狙え!

・葉と葉の隙間にルアーを落とすべし。

・ウィードレス効果(根掛かりしにくい)の高いスピナーベイトやラバージグ、テキサスリグなどを使おう。

・カエルなどに似せたルアー「フロッグ」が特に大活躍するぞ!

・水草が絡んでも大丈夫なように太いラインを使おう!

という感じだな。

お役に立てたら幸いだ。

それでは諸君の釣果を期待しているぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です