トップの基本!ペンシルベイトのアクションと使い方は?

バス釣りに欠かせないトップウォーターはいくつか種類があるが、その中でもまずマスターしておきたいのがこの「ペンシルベイト」だ。

同じトップウォーターの「ポッパー」と違い、派手に音を出したり水しぶきをあげたりしないが、その分ナチュラルな動きを演出してくれる。

水面をスイースイーっと泳ぐその姿はまさに小魚。人間でさえ見間違えてしまうこともある。

今回はそんな「ペンシルベイト」の使い方やアクションについてご紹介させていただこう。

 

ペンシルベイトの種類と基本アクション

実はペンシルベイトは大きく分けて

・水面に対し平行になって浮く「平行」タイプ

・水面に対し斜めになって浮く「斜め立ち」タイプ

・水面に対し立ったように浮く「直立」タイプ

の3種類があるんだ。

%e3%83%98%e3%82%9a%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%ab%e7%a8%ae%e9%a1%9e

そのタイプによって得意なアクションが少し異ってくるぞ。

「ウォーキング・ザ・ドッグ」

ロッドをチョイチョイっと動かして、右・左・右・左・に首を振りながら泳がせるアクションだ。

激しく動かしすぎてはいけないぞ。あくまで自然に、だ。

そうやって首を振らせながら引いていき、たまに停止させてバスの食いつくタイミングを作ってあげよう。

そしてこの「ウォーキング・ザ・ドッグ」は、ペンシルベイトのタイプによって少し動きが異なる。

 

%e3%83%98%e3%82%9a%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%ab%e3%83%98%e3%82%99%e3%82%a4%e3%83%88%e5%8b%95%e3%81%8d1

この絵のように、平行タイプに比べて直立タイプは「ウォーキング・ザ・ドッグ」で動く幅が小さくなるんだ。

つまり一回の移動幅が少ないため、一定のポイントで長い間アクションをできることになる。

この違いをうまくフィールドで生かそう。

「スキーイング」

%e3%83%98%e3%82%9a%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%ab%e3%82%b9%e3%82%a4%e3%83%bc%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%af%e3%82%99

平行、または斜めに立つタイプの場合は、この「スキーイング」が得意だ。

これは水面を左右にスライドさせるように泳がせるやり方で、「ウォーキング・ザ・ドッグ」に比べて大きめにスイーっスイーっとのびのび動かしてあげよう。

また反応がない時は、ずっと動かしっぱなしではなくたまに停止させてあげることも忘れずに。

停止させてあげると、「今がチャンス!」と思って食いついてくる時があるぞ。

%e3%83%98%e3%82%9a%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%ab%e4%bb%8a%e3%81%9f%e3%82%99

どんな時に使えばいい?

84af705d94f8df907a9070b1cf3b4496_s

ペンシルベイトに限らずトップウォーター全般に言えることだが、

・早朝などのバスの活性が高い時

・バスが水面まで出てきて小魚を捕食している時

・春から夏にかけて、水温が徐々に高くなっていく時

などだと最高だな。

だいたい表層の水温が20℃くらいになると、まさにトップウォーターの出番と言える。

もちろんこの他の理由で「今日はトップウォーターが釣れそう!」と思ったらガンガン使っていこう!

ちなみに水面にバスが目視できなくても、実は水深1mくらいまでならアピールできると思って良い。

水の透明度が高ければ、もう少し深くまでアピールできるぞ。

ポッパーとの使い分けは?

%e5%86%99%e7%9c%9f

トップウォーターといえば、ペンシルベイトの他にも「ポッパー」がよく使われるな。

バス釣りをしていれば、一体どっちを使えばいいの?という時があるはずだ。

そこでポイントなのが「ポッパーの方がアピール力がやや高め」というところ。

ポッパーは自身が出す「音」でバスにやる気スイッチを入れることができるんだ。

しかしペンシルベイトには「自然さ」がある。

というわけで、

バスが水面近くまで出てきて今まさに小魚を食っている時、明らかに活性が高い時などは「ペンシルベイト」。

バスの姿が表層に見えない、ペンシルベイトでの反応が鈍い、などの時はポッパーの音でバスにやる気スイッチを入れてあげよう。

健闘を祈る!

というわけで今回は「ペンシルベイト」の使い方やアクションについてご紹介させていただいた。

初心者諸君には、ぜひいち早くマスターしていただきたい。

なぜならトップウォーターでの釣りは、バスがルアーを食うところが目に見えるので非常に楽しい。

一度トップウォーターで釣ってしまうと、しばらくトップウォーター以外使いたくなくなってしまうくらいヤバイ。

ぜひともトップウォーターでの釣りの楽しさを味わってくれ。

それでは、最後まで読んでいただき感謝する。

キミの釣果を期待しているぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です